BTSの病み曲の歌詞に込められた意味は?辛い時に刺さる曲名は?

  • 2022年11月17日
  • 2022年11月4日
  • BTS, K-POP
BTS




BTSの楽曲は歌詞のメッセージ性が強いことで人気があります。

辛い気持ちや悲しい気持ちに寄り添ってくれたり、楽しい時や嬉しい時にもっと幸せにしてくれたりと聞く人に寄り添ってくれる楽曲が多数あります。

中でも憂鬱な気持ちを表現した所謂病みソングは、人気が高いようです。

BTSの病み曲の歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか。

また、辛い時に音楽に励まされたという経験のある方もいると思いますが、BTSの楽曲に救われてファンになったという方も多いです。

辛い時に刺さったBTSの曲は一体なんだったのでしょうか。

今回はBTSの病み曲の歌詞に込められた意味と辛い時に刺さるBTSの曲名を紹介していきたいと思います。

bts

BTSの病み曲の歌詞に込められた意味は?

病み曲とは憂鬱な気持ちや悲しい気持ちを表現した曲を指します。

悲しい時はあえて悲しい曲を聴いて、思い切りなくことでスッキリすることもありますよね。

このような理由から病み曲は根強い人気があります。

BTSの病み曲はどんなものがあるのでしょうか。

BTSの病み曲とは?

BTSの病み曲はいくつかありますが、個人的におすすめな曲をあげてみます。

  • Tomorrow
  • Dis-ease
  • TheTruth Untold
  • Outro:Tear
  • Blue&Gray

7人全員で歌っている曲もありますし、ボーカルラインだけ、ラップラインだけの曲もあります。

いずれにしてもメンバーが楽曲制作に関わっていますのでBTSならではの世界観が表現されています。

続いてこれらの曲の歌詞に込められた意味を見ていきましょう。

BTSの病み曲の歌詞には何が込められている?

では先ほど紹介した曲にはどんな意味が込められているのでしょうか。

一つづつ見ていきます。

tomorrow

この曲はユンギが指すし作曲をした曲で、夢に向かって頑張っているけれどもなかなかうまくいかない現実に向かい合った曲です。

『進むべき道は長いのにどうして俺はまだここにいる?』という歌詞からも、夢と現実のギャップに苦しむもどかしさを感じます。

ユンギはアルバイトしながら練習にも行っていたりとデビューまでかなり苦労を重ねてきました。

その時の苦しかった思いが込められた曲で、同じように夢を追って頑張っているけれどなかなか結果のでない人にはとても刺さる曲だと思います。

また曲の中には辛くても夢を追うことを諦めないと、自分を鼓舞するような部分もあります。

涙を誘う病み曲でもありますが、もう少し頑張ってみようと背中を押してくれる曲でもあるようですね。

 

Dis-ease

Diseaseとは病気という意味です。

病み曲というテーマにぴったりなタイトルですよね。

コロナ禍に入りスケジュールをこなせなくなったことで突然できた休みの時間に戸惑い、何もできないことに悩んだ気持ちを表現しています。

時間がある分だけ余計に色々考えて悩んでしまうけど、それはこのコロナ禍みんな同じで止まらずまた進み続けようと叱咤してくれる曲でもあります。

病み曲というとバラードが多いですが、この曲はアップテンポでノリが良く、歌詞を見ないと病み曲だとは思わないような感じがします。

コロナ禍で様々なことが思い通りにいかなくなってしまった人も多く、この曲で励まされたという声もありました。

TheTruth Untold

この曲は日本語にすると伝えられなかった本心という意味です。

スメラルド伝説という物語が元になっていて、城で姿を隠して1人生きる醜い男と、城に花を摘みにくる少女のストーリーです。

醜い男は少女に思いを寄せますが、最後まで少女の元に姿を表すことはありませんでした。

もしあの時勇気を出して少女の前に姿を現していたら何か変わっただろうかと後悔の気持ちが綴られています。

この曲はアメリカのDJスティーブアオキとのコラボ曲で、RMも制作に参加しています。

読書家のRMらしい繊細な歌詞が素敵な曲ですね。

Outro:Tear

この曲はラップライン3人で歌う曲です。

ラップライン3人が楽曲制作に参加しています。

別れについて書かれた曲で、永遠を語っていたけれどここが最後になってしまった、君が原因の涙はこれからも繰り返されるだろうと切ない内容になっています。

恋人との辛い別れに重ねられる曲ですが、実は当時解散するかどうか悩んでいたメンバーに向けて書いたとユンギが後に明かしています。

解散を考えていた状況を想像しながら聞くと、また違った切なさを感じますね。

Blue&Gray

この曲はラップラインの3人の他テテが制作に参加している曲です。

テテが辛かった時期に抱いていた憂鬱な気持ちや不安な気持ちを青色と灰色で表現したと明かしています。

もっと幸せになりたいだけなのに、どこで間違ったのかわからない、これは過ぎた望みなのだろうかと自問する歌詞が印象的です。

とても静かでどこか幻想的な世界観の曲で、憂鬱な気持ちを抱いている時に聞くと自然と涙を誘われるような曲だと思います。

テテもかなり辛かったのだなということが伝わりますし、こんなふうに今思い詰めず幸せに過ごせる日になっているといいなと願うばかりです。

ここまでBTSの病み曲に込められた意味をそれぞれ見てきました。

メンバーたちの辛い気持ちが込められていたり、物語を元にしていたりとさまざまな思いが込められていましたね。

憂鬱な気持ちになった時、思い切り泣きたい時などにぜひこれらの病み曲を聴いてみてください。

続いては辛い時に刺さるBTSの曲をまとめてみます。

辛い気持ちを慰め、背中を押してくれる曲がBTSにはたくさんありますので特におすすめの曲を紹介したいと思います。

BTSで辛い時に刺さる曲名は?

BTSの辛い時に刺さる曲はたくさんあるのですが、今回は個人的におすすめな曲を紹介します。

  • 00:00(Zero O’Clock)
  • Answer:Love Myself
  •  Magic Shop

では順にどんな曲なのか紹介していきます。

00:00(Zero O’Clock)

この曲はボーカルライン4人の曲です。

悲しい日でも12時になればその1日は終わる、何か変わるわけでは無いけど明日はいい一日になるように祈るという内容です。

辛いことがあってもそれは永遠に続くわけでは無いと思わせてくれる曲で、歌詞が沁みると人気の曲です。

Answer:Love Myself

この曲は自分自身を愛そうというテーマのもと作られた曲です。

自分の失敗でできた傷まで含めて全て自分なのだから、自分自身を許し認めようという歌詞が印象的です。

この曲はRMが制作に参加していて、RMの国連スピーチと通ずるような内容になっています。

うまくいかないことがあって自分自身を嫌いになりそうな時、元気をくれる曲だと思います。

Magic Shop

この曲はBTSがファンに辛いことがあった時に力になれるように作ったという曲です。

自分が嫌になってしまった時には心の中に扉を作ろう、その扉の先にはMagic Shopがあるという内容です。

Magic Shopは辛い時に癒しを与えてくれる場所を表しています。

ファンの癒しになりたいと思いを込めて作ってくれたので落ち込んだ時に聞くという人も多く、人気の曲です。

 

まとめ

いかがでしたが?

今回はBTSの病み曲に込められた意味や辛い時に刺さる曲名を見てきました。

ほとんどの曲にメンバーが制作に参加していましたね。

自分の辛かった時の思いや経験を元に制作された曲が多く、同じように悩みを抱えている人たちにはとても共感できるような曲ばかりでした。

メッセージ性が強く思わず涙が出てしまうような曲もあり、歌詞を見ながらぜひじっくり聴いてみてほしいなと思います。

他にもBTSの曲は歌詞が素敵な曲が多いので、ぜひ歌詞を見ながら聴いてお気に入りの一曲を見つけてください。