【2021-2022】BTSのペン卒が増加って本当?理由の信憑性やソースは?

BTS




世界で大人気のBTSですが、一方で2021年、2022年でBTSのペン卒が増加している、という噂があるようです。

ペン卒の増加の噂は本当なのでしょうか?

今回はペン卒の増加の理由や信憑性、そしてそのソースについて、詳しく調べていきたいと思います。

bts

BTSのペン卒が2021年に増加って本当?2022年も?

BTSのペン卒が2021年、2022年で増加している、という噂についてですが、実際のところはどうなのでしょうか?

2021年12月には、ロサンゼロスにてライブを行い、4日間で合計21万人の観客動員数を超えるなど、今やBTSはアジアのみならず世界で大人気のアイドルとなっています。

2022年に入ってからは、3月に韓国で約2年ぶりに有観客のライブを行いました。

日本でもそのライブ映像が中継され、全国の映画館にてライブビューイングとして観覧できました。

飛ぶ鳥を落とす勢いで世界中のファンを魅了し、ファンの数を増やし続けているBTSですが、一方でペン卒の増加という噂も少なくないようです。

実際のところはどうなのか、見ていきましょう。

ペン卒って何?ARMYとの関係は?

そもそも、ペン卒とはなんだ?と思った方もいらっしゃると思います。

まずは用語の説明からいきましょう。

ご存じの方が多いとは思いますが、ARMYとは、BTSのファンを指す用語です。

そして、ペンとは韓国語でファンという意味です。

つまりペン卒とは、ファンを卒業する、やめるということになります。

続いて、ARMYとペンの関係ですが、どちらもファンを表す用語なので、同じ意味だと捉えてよさそうです。

次に、2021年にBTSのペン卒が増加した理由についても詳しくみていきましょう。

2021年にBTSのペン卒が増加した理由

2021年にBTSのペン卒が増加した理由の一つに、一部ファンやマスコミによる女性問題のスキャンダルが噂されたようです。

さらに、そのスキャンダルの内容が本気の恋愛ではなく、遊びに近い行動だったため、余計にファンが悲しみ、BTSのペン卒が増加したと噂される理由になったようです。

恋愛は個人の自由ではありますが、BTSのファンが見たら悲しむことをしないでほしい、分別を持って行動して欲しいと思うファンは多いのではないでしょうか。

2021年にBTSのペン卒が増加した理由の信憑性

2021年にBTSのペン卒が増加した理由は、女性問題のスキャンダルが原因の一つかもしれないことがわかりました。

続いて、このスキャンダルの信憑性についても調べてみました。

女性問題のスキャンダルは各メンバー少なからず噂があるようです。

ですが、どれも根拠がはっきりとしない信憑性のないものばかりでした。

例えば、たまたまお揃いの物を使っていたり、テレビ番組でお互い見つめ合っているように見えた、ただの噂レベルの記事でした。

しかし、アイドルはファンの応援や人気が不可欠な職業です。

仮に付き合っていたとしても、事務所が上手く揉み消したり、隠すことがあるのかもしれません。

ファンとしては複雑な心境ではありますが、アイドルとはいえBTSのメンバーも人間です。

恋愛することはあるだろうし、BTSのメンバーのプライベートな恋愛を禁止する権利はファンにはないと思います。

BTSのメンバーの女性問題のスキャンダルの信憑性は不明ですが、このスキャンダルが原因でBTSのペン卒が増加していることは、嘘だとは言い切れないかもしれませんね。

2021年にBTSのペン卒が増加した理由にソースはある?

2021年にBTSのペン卒が増加した理由と信憑性について調べてきました。

ですが、どれも一部のファンやマスコミの噂程度で信憑性のないものばかりでした。

アイドルと女性問題のスキャンダルは切っても切れない問題ですが、それだけBTSが人気で注目の的であることがわかります。

これが有名税といったところでしょうか。

ですが、時に根も歯もない噂が立つことに、BTSのメンバーも辟易してそうですね。

では、2021年にBTSのペン卒が増加した理由のソースは、いったいどこからきているのでしょうか?

ソースはない?噂?

調べてみたとことろ、正確なソースは見つかりませんでした。

これは持論ですが、人間の感情には波があり、ささいなことがキッカケで、好きな物に突然興味がなくなってしまう可能性はあると思います。

女性問題のスキャンダルもBTSへの興味がなくなり、しいてはペン卒に繋がる理由の一つになることもあるでしょう。

ですが、スキャンダルはいつの時期も噂されているようなので、2021年や2022年にペン卒をした人が増加したと一概には言い切れないですね。

まとめ

2021年と2022年にBTSのペン卒の増加や、その理由と信憑性、ソースについてここまで見てきました。

ですが、BTSのメンバーが有名であるがゆえのただの噂に過ぎないものがほとんどでしたね。

BTSのメンバーも、私たちと同じくプライベートで恋愛を楽しむことは多々あると思います。

ですが何万人といるBTSのファンは、国や宗教、考え方も異なります。

どんなことでも必ず賞賛するファンもいれば、批判するファンもいるでしょう。

それゆえにBTSのファンを全員納得させ、満足させることは難しいと思います。

女性問題のスキャンダルに対するファンの対応はときに厳しく、これらのスキャンダルによってファンが減ってしまう事実は、本当かもしれません。

しかし、BTSのメンバーが忙しいスケジュールの束の間のプライベートの恋愛を、楽しんで息抜きをすることは個人の自由である、と私は思っています。