テテはおばあちゃんの影響で日本の歌や文化に詳しい?

BTS




BTSは日本での活動も多く、日本語曲を出してくれたり日本語でコメントを出してくれたりしますよね。

中でもテテ(V)は積極的に日本語を話してくれたり、日本の歌やアニメが好きだったりと特に日本に詳しく親日家の印象があります。

日本人としては日本を好きになってくれるのは嬉しいことですよね。

テテが日本を好きになってくれたきっかけを調べてみると、どうやら「テテはおばあちゃんの影響で日本に詳しくなったと」言われているようです。

本当なのでしょうか?

今回は「テテはおばあちゃんの影響で日本の歌や文化に詳しくなったのかに」ついて調べてみたいと思います。

bts

テテはおばあちゃんの影響を濃く受けている?

テテはおばあちゃんっ子だったようで、イベントやインタビューなどでおばあちゃんの話題が出ることも度々ありました。

おばあちゃんのエピソードは多く影響はかなり受けていそうですね。

実はテテは幼少期に両親の元を離れおばあちゃんに育ててもらったという話があるんです。

本当だとするとおばあちゃんっ子なのも頷けますし、幼少期に日本の事を教わっていたら詳しいのも納得です。

実際どうなのか早速調べてみましょう。

 

テテはおばあちゃんに育てられた?

以前テテは14年間祖父母に育てられたと発言したことがあります。

本人が話したことなので事実だと思われます。

両親と離れておばあちゃんたちと暮らしていた理由については、話されていないので正確にはわかりません。

ただ韓国では若い共働きの夫婦が祖父母の元に子供を預けるということが日本よりも多くあるようなので、テテもそのケースなのかもしれませんね。

これについては理由が明らかでないため様々な憶測がありますが、以下の記事で調べていますので気になった方はぜひチェックして見てください。

>> BTSキムテヒョンの兄弟や両親は?弟はインスタをやってる?

 

テテはおばあちゃんに日本の歌や文化を教えられた?

テテが幼少期をおばあちゃんと過ごしていたことがわかりました。

ではテテはおばあちゃんから日本の歌や文化を教えてもらっていたのでしょうか。

これについてはおばあちゃんから直接教わったというわけではなく、おばあちゃんの友達に日本人の方がいたようです。

テテはその方から日本の歌や文化を教えてもらっていたようですね。

幼少期の頃から日本の歌や文化に触れて日本に親しみを持ってくれていたのかなと思うと嬉しいですよね。

日韓関係が思わしくない時もテテは日本が好きといってくれたりしましたし、ファンとしてはこれからも日本を好きでいてくれたらいいなと思います。

 

ここまでテテが幼少期におばあちゃんに育ててもらった事がわかりました。

またテテのおばあちゃんに日本人の友達がいて、その方に日本の歌や文化を教わっていたこともわかりました。

長い間おばあちゃんに育ててもらったので、テテはおばあちゃんが大好きで影響を大きく受けているようですね。

テテ自身がおばあちゃんとのエピソードをいろいろなところで話してくれています。

中でもサイン会の途中におばあちゃんを思い涙を流したことは多くのファンに知られています。

続いてはテテとおばあちゃんのエピソードをいくつか紹介したいと思います。

 

テテとおばあちゃんのエピソードとは?

テテはおばあちゃんとのエピソードをいろいろ話してくれています。

例えばテテは反抗期がきた時に一度おばあちゃんに口答えしてしまったのですが、おばあちゃんにボコボコにされて一瞬で反抗期が終わったと話していました。

とってもパワフルなおばあちゃんだったんですね。

またテテはおばあちゃんに『あなたのファンをたくさん愛しなさい』とよく言われていたようです。

その言葉通りテテはファンに対して思いやりを持ち優しく言葉をかけてくれますよね。

おばあちゃんの教えを大切に守っているんだなと感じられて温かい気持ちになりますね。

そんなおばあちゃんですが残念ながら2016年9月3日に逝去されました。

テテにとってかなりショックの大きいことで、その後に行われたサイン会ではおばあちゃんを思い出し涙を流す場面もあったようです。

その時のことについて調べて見ましたので見ていきましょう。

 

テテはおばあちゃんを思いサイン会で涙した?

テテのおばあちゃんが逝去されたのは2016年9月3日ですが、当時テテは仕事のためフィリピンにいたようです。

番組の撮影の前に訃報を聞いたようでその日のインタビューは元気がなくそれを見たファンからは心配の声が上がりました。

その後10月10日にアルバムが発売され音楽番組にも出演していたのですが、その時に『もう少し早くカムバックすればよかった』という発言がありました。

またこの時行われたサイン会でもファンからの手紙を読んで涙を流す場面があり、心配するファンが多かったようです。

この時はまだおばあちゃんが亡くなったことは明かしていなかったため、テテの行動や発言の意味がわからずファンも困惑と心配を抱えていたと思います。

テテがおばあちゃんが亡くなったことをファンに明かしたのは、11月12日に韓国で行われたファンミーティングでした。

涙ながらにおばあちゃんに対する思いを語るテテも見て多くのファンが涙しました。

おばあちゃんが亡くなった悲しみを抱えながらステージに立っていたことを思うととても切ないですし、辛い中ファンのために頑張ってくれていたんだなと思うと胸が熱くなりますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「テテはおばあちゃんの影響で日本の歌や文化に詳しくなったのか」について調べて見ました。

テテは幼少期おばあちゃんに育ててもらったため、おばあちゃんっ子であることがわかりました。

ただ日本の文化や歌については、おばあちゃんではなく、おばあちゃんの友達の日本人の方から教わっていたようですね。

幼少の頃から日本に親しみを持っていてくれていたことがとても嬉しいです。

またテテはおばあちゃんが大好きで亡くなった時にはかなりショックを受け、サイン会やファンミーティングでおばあちゃんを思い涙を流したこともわかり、本当におばあちゃんを愛していたことがよく伝わります。

テテはおばあちゃんのファンを愛しなさいという言葉を大切にしています。

日本での活動の時も日本語を一生懸命話してくれたりするのも、おばああちゃんの言葉通り日本のファンを愛して大切にしてくれているからなのかなと思うととても嬉しいですよね。