防弾少年団(BTS)がやらかした事件まとめ!反日原爆Tシャツが有名?

  • 2022年11月7日
  • 2022年11月2日
  • BTS, K-POP
BTS




世界的に活躍し、その名を世間に轟かせているBTS。

知名度が上がると、多くの人が彼らの言動に触れることになります。

その結果、BTSを好きになる人もいれば、反対に嫌いになる人、無関心な人、さまざまです。

有名人のネガティブな事件は、センセーショナルな話題として世間に取り上げられ易いので、マスコミの格好の餌食となります。

今回は、世間でBTSがやらかしたとされている事件をまとめ、その中でも必ず目にする【反日】という言葉についてみていきます。

関連記事

日本での人気も高まり、東京ドーム公演を控えていたBTSに降りかかった原爆Tシャツ問題。 この問題は、日本と韓国だけにとどまらず、海外からも、そして数年経った今でも取り上げられています。 BTSと聞くと原爆Tシャツを着ていた反日グ[…]

bts

防弾少年団(BTS)がやらかした事件まとめ

今や韓国国内にとどまらず、世界的に活躍の場を広げているBTSですが、デビュー当時≪BTS≫表記ではなく、≪防弾少年団≫でした。

10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く

防弾≫の名前の通り、世間からのネガティブなモノ=銃弾から身を守る、という意味が込められています。

その時代の防弾少年団(BTS)がやらかしたとされる事件をみていきます。

防弾少年団(BTS)のやらかし事件とは?

 

 

  • 原爆Tシャツの着用
  • Vライブでのステマ疑惑
  • 外出自粛期間中のクラブ通い
  • メンバー運転による車での人身事故
  • 神戸事件

 

防弾少年団(BTS)のやらかした事件で調べると、噂レベルのものから、実際、世間的に有名になり知れ渡っている事件まで沢山出てきました。

新型コロナウイルスによる外出自粛期間中に、多くの人が集まるクラブへ出かけたメンバーのジョングクの行動は軽率でした。

その後すぐに本人、所属事務所共に謝罪し、騒動は収束しています。

車での人身事故も、深夜、ジョングクの交通違反によるものでしたが、幸い双方に大きな怪我もなく和解となりました。

人気有名人となるとやはり模範的な態度、行動が求められます。

特に社会のルール、モラルは、守らないとですよね。

そんな中、〈原爆Tシャツ〉や、〈神戸事件〉といった日本に関係すると思われるワードが出てきています。

特に韓国における反日感情というものには、ナーバスになってしまいます。

次に、反日と思われる事件についてみていきます。

防弾少年団(BTS)のやらかし事件に反日が多い?

では実際に出てきた〈神戸事件〉と〈反日原爆Tシャツ〉について調べてみましょう。

神戸事件とは?

 

まず神戸事件について

テテとシュガの体調不良により、兵庫県神戸市で予定されていた3daysコンサートの2日目と3日目、更に3日目最終日中継の全国ライブビューイングが、中止となりました。

中止はコンサート開始時間30分過ぎての発表だったため、会場で開演を待っていたARMYからは大きな悲鳴とすすり泣く声が聞かれ、大混乱だったといいます。

そんな中、テテとシュガを除く5人のメンバーがステージに現れ、謝罪をし、3曲歌いコンサートは中止となりました。

ここまでだと、原因がメンバーの体調不良によるものだったため、しょうがないと思えるのですが、事件とまで呼ばれる原因が他にありました

  • 公式からの謝罪や対応が遅かった

突然の中止だったにもかかわらず、公式からは謝罪文がすぐに出されず、再公演はあるのか、チケット払い戻しになるのか、の対応が遅かったようです。

  • 日本でのコンサートを中止にした後すぐ、韓国のテレビ番組にはメンバー全員で出演

年末の音楽業界が忙しい時期だったとはいえ、「日本でのコンサートは出なかったのに、母国のテレビ番組は出るんだ」と変に勘ぐってしまうARMYもいたようです。

  • テテの無反省な態度

コンサート中止直後は、体調不良ということもあり、ツイートできないのは分かるとして、その後の初めてのツイートが

心配したんだって?オッパはスーパーマン!

テテなりに、ARMYに心配かけないようにとの気遣いだったのかもしれません。

しかし、コンサート中止原因張本人の、謝罪もなく能天気な態度に呆れてしまうARMYもいたようです。

最終的には、中止となった2公演とライブビューイングの再公演は行われたそうですが、このことで離れてしまったファン、中止は仕組まれたものだったとする反日陰謀論者もいるようです。

反日原爆Tシャツが有名?

 

BTSの反日と思われる行為として1番有名なのが、この反日原爆Tシャツではないでしょうか。

テレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』では、放送2日前に急遽、BTS出演を取りやめました。

反日原爆Tシャツの騒動が、世間でとても大きな問題となっていたためです。

このTシャツには、原爆投下を意味するキノコ雲と、万歳をする人々の写真、愛国心や、解放、韓国、といった言葉がプリントされています。

信じがたいことですが、原爆を[日本の侵略を止めた正義の兵器]のように捉えている人もいるというのです。

韓国と日本では、歴史教育が真逆と言っていいくらい歴史に対する認識にズレがあります。

ARMY
着ていたメンバー、ジミンに悪気はなく、着せられていただけ

という声もあり、本人がどういうつもりで着ていたかは釈明されていません。

まとめ

今回は防弾少年団(BTS)がやらかした事件についてみていきました。

受け取り手側の過剰反応、深読みしたもの(ステマ疑惑)

社会のルールやマナーに違反した行為(交通事故や自粛期間中の外出)

反日ととられる問題行動(神戸事件・原爆Tシャツ着用)

様々な問題行動の中で、反日原爆Tシャツ問題が一番有名なようです。

有名人であるがゆえに、その一挙手一投足が話題となります。

社会問題行動や反日と思われる行為は、特にセンセーショナルな話題となり、それが過去のことであってもずっと付きまとってしまいます。

現に防弾少年団時代のやらかしは、グローバルアーティストBTSになった今でもついてまわる問題となっています。

過去にしてしまった失敗について、BTSメンバーには沢山の苦悩や葛藤があることは、それぞれの言動でうかがい知ることができます。

今世界的に活躍するBTSがあるのは、自分の本意であったものもなかったものも真摯にうけとめ、反省したからこそなのではないでしょうか。

過去のことばかりに目を向け揚げ足取りをするのではなく、今の彼らの言動にも目を向けていきたいですね。