エンハイフンのポジションでセンターは誰?各メンバーの担当についても




2022年11月にワールドツアーで日本でも公演することが決まっているエンハイフン(ENHYPEN)

BTSの弟分グループとして話題になってる彼らは、どんどんファンを増やしています。

エンハイフンは曲によってポジションやセンターが変わる事から、ファンの中で「ポジションがどうなっているのか」「センターは誰なのか」と気になるファンも多いようです。

そこで、今回は彼らのポジションやセンターについて調べてみました!

enhypen

エンハイフンのポジションは?センターは誰?

エンハイフンは日本でも人気上昇中の7人組の男性グループです。

(左からヒスン、ソヌ、ジェイ、ジェイク、ジョンウォン、ソンフン、ニキ)

ネット上では、エンハイフンのポジションについて「誰がどのポジションを担当しているのか?」と疑問の声が上がっています。

動画を見てみると、確かにポジションについては分かりずらいですよね。

アイドルというとポジションが決まってるイメージですが、エンハイフンの場合どうなっているのでしょうか?

エンハイフンのポジションは?

日本のアイドルというと立ち位置が決まっていたりしますよね?

K-POPの場合、パフォーマンス中の立ち位置のポジションは決まってないことが多く、エンハイフンも同様メンバーのポジションは決まっていません。

唯一センターポジションについては公式で決まっていたり、毎回同じメンバーがセンターを務めていたりと分かりやすくなってることが多いので、センターについては話題に上がっているのを見かけます。

エンハイフンはどうでしょうか?

エンハイフンのセンターは誰なのか?

結果から言うとエンハイフンのセンターについて、公式で公表されていないようです。

ですが、誰がセンターなのかとファン目線で名前を上げるなら、ヒスンかジョンウォンと言われています。

センターは誰にでも出来るわけではなく、センターとしてのオーラや素質みたいのものがあるメンバーがセンターとしてグループの真ん中に立つと言われています。

この二人はセンターに立って写真撮影やパフォーマンスをすることが他メンバーよりも多いと思います。

ネットでは次のような声が多かったです。

・ヒスンは圧倒的センター

・ジョンウォンは天性のアイドルでセンター顔

 

センターについてはヒスンかジョンウォンだという声が多いですが、そのほかのポジションについてはどのような意見があるのでしょうか?

さらに調べてみました。

エンハイフン各メンバーのそれぞれのポジション(役割)は?

K-POPでポジションの話になると、メインボーカルやメインダンサー等、役割や担当のこととして語られることが多いです。

歌やダンスのスキルを全面に出して売り出すK-POPならではの文化で、どのグループでも必ず話題になります。

エンハイフンについてもこのポジションについて、デビューしてからずっとファンの中で様々な声が上がっています。

元々エンハイフンは「I-LAND」という公開オーディション番組で結成された7人組で、番組のファンからデビュー前の時点でそれぞれのポジションを予想する声が上がっていました。

しかし、デビュー2年目の現在までエンハイフンは曲中での歌やダンスの役割分担について公式から発表されていません。

なので比較的ほかのグループよりもこのポジションについての検索件数や、ネットでのファンの意見が多いのかな?と感じます。

そこでK―POPでは定番と言われる、

・リーダー

・ビジュアルメンバー

・メインボーカル

・メインダンサー

・リードボーカル

・リードダンサー

・ラッパー

 

これらのポジションついてファンの声を参考にまとめ、以下のように各メンバーを当てはめてみました。

 

リーダー ジョンウォン
ビジュアル ソンフン
メインボーカル ヒスン
メインダンサー ニキ
リードボーカル ジョンウォン、ソヌ
リードダンサー ヒスン、ジェイ、ソンフン、ジョンウォン
ラッパー(予想) ジェイ、ジェイク、ニキ

あくまで公式の情報ではありませんが、ひとつひとつお話していきたいと思いますので参考になればと思います。

リーダー:ジョンウォン

エンハイフンのリーダーはジョンウォンです。

リーダーについては唯一公式として発表されています。

2番目に若いメンバーなのですが、グループのリーダーとしてグループをしっかり引っ張っていってます。

責任感が強くしっかりした性格だと言われています。

ビジュアル:ソンフン

ビジュアルメンバーはソンフンだと言われています。

ビジュアルメンバーは、グループ内で容姿が美しいとされるメンバーがそのように呼ばれることが多いです。

平均ビジュアルが高いと言われているエンハイフンですが、ビジュアルメンバーはソンフンだと言う声が多かったです。

ソンフンは元フィギュアスケート選手で、韓国国内では選手時代からビジュアルの美しさが話題になっていたそうなので名前が上がるのも納得です。

色白で、王子様みたいな容姿が魅力的ですよね。

 

メインボーカル:ヒスン

メインボーカルはヒスンだと言われています。

メボ、と聞いたことはないでしょうか?

メボとはメインボーカルのことで、グループには欠かせない注目されるポジションで、「メボは誰だ」と話題に上がるポジションのひとつです。

誰もが認める歌唱力で、エンハイフンの曲の一番の見せ場では必ずヒスンがパートを担当しています。

歌唱力と高さと、ソロパートの多さからヒスンがメインボーカルだという声がとても多かったです。

メインダンサー:ニキ

メインダンサーはニキと言われています。

プロから絶賛されるダンスセンスを持っており、誰からも認められるダンスの腕前です。

メインボーカル同様韓国では実力が重視されるのですが、チッケムと言われるパフォーマンスの個人フォーカス動画の再生数がずば抜けて多いのがニキのパフォーマンスで、注目度の高さが伺えますよね。

ダンスの実力の高さから、曲中のダンスブレイクや曲の締めなどでセンターはニキが任されていることが多いです。

リードボーカル:ジョンウォン、ソヌ

リードボーカルを担当しているのはジョンウォン、ソヌだと言われています。

メインではないものの、歌唱力のあるメンバーとして2人の名前が上がっていました。

メインボーカルの次にパートが多かったり、サビ以外で注目を集めたいパートを任されるポジションですが、2人とも当てはまると思います。

I-LANDを見ていたファンから、ヒスンだけではなく二人もメインボーカルと予想されていたこともある程、歌唱力の高いメンバーです。

リードダンサー:ヒスン、ジェイ、ソンフン、ジョンウォン

リードダンサーはヒスン、ジェイ、ソンフン、ジョンウォンだと言われています。

この4人はメインダンサーやセンターパートのメンバーの横でパフォーマンスを任されることが多いことから名前が上がっているのだと思います。

デビュー前の練習生期間も長く、ダンスの評価も高いメンバー達です。

曲によってはメインダンサーのポジションを任されることもあります。

エンハイフンは、激しいダンスでも全員の動きを揃えて踊る「群舞」が魅力と言われていますが、メインダンサーだけでは無くリードダンサーのダンスのレベルが高いので本当にかっこ良いです!

ぜひ注目して見てください。

ラップ:ジェイ、ジェイク、ニキ

KPOPといえばラップを担当しているメンバーがいることが多いですよね。

ですがエンハイフンはそもそもラップの曲があまりありません。

動画は先輩の曲でBlockBの「Verygood」をカバーした時の物ですが、エンハイフンの曲としてはラップのある曲が少ないのでラップポジションのイメージが無い、という人が多いと思います。

ですが、ラップの見たファンからラップがもっと見たい!との声もあり、その中でジェイ、ジェイク、ニキがラッパーになるのでは?と予想される声が上がっていました。

ラップもファンからは好評なので今後ラップ曲が増えていくかもしれませんね。

まとめ

今回はエンハイフンのポジションについてファンの声を調べてまとめました。

公式ではリーダーがジョンウォンということしか分かっていませんでしたが、そのほかの役割については、ファンから色んな意見が出ていましたね。

個人的に、韓国の芸能界はキャラやイメージをしっかり固めているイメージが強いのでとても意外でしたが、グローバルアイドルとしての新しい売り方なのかもしれませんね。

ポジションの固定はありませんが、どのメンバーにも見どころがあるのがエンハイフンのステージの魅力だと私は思っております。

エンハイフンが日本のコンサートで来日する際に、テレビ出演する可能性も高いと思われるので、ぜひ参考にしてメンバーひとりひとりに注目して頂けたら幸いです。