BTSが契約更新で揉めた?VTとの契約終了の原因は何?

BTS




BTSは2013年にデビューしました。

そんなBTSが契約更新で揉めたということが、話題になっているようです。

本当なのでしょうか?

また化粧品会社であるVTとのコラボ契約終了についても見ていきたいと思います。

まずはじめに、BTSの契約更新について確認します。

関連記事

VTとBTSのコラボ契約が終了したということが話題になっているようです。 VTは世界的に人気のBTSとのコラボ契約を、なぜ終了しなければならなかったのでしょうか? またその契約期間はいつまでだったのかについても、調べていきたいと[…]

bts

BTSが契約更新で揉めたって本当?

BTSは2013年6月12日に韓国でデビューしました。

韓国芸能人の最長契約年数は現在7年となっています。

BTSはその最長年数の7年契約を結んでいました。

その契約更新にあたり、BTSが揉めたという噂がありますが本当なのでしょうか?

まずは契約更新の時期について確認していきたいと思います。

契約更新時期は?

BTSの契約更新時期は一体いつなのでしょうか?

2013年6月12日にデビューしたBTSは7年契約を結んでいました。

そこから考えると、BTSの契約満了は2020年6月だったことがわかります。

18日、Big Hitエンターテインメントが防弾少年団との再契約を発表した。2013年6月にデビューした防弾少年団は、まだ1年以上契約期間が残っている。しかし、事務所との相乗効果を期待して素早い決定を下した。上場を控えているBig Hitエンターテインメントに対し、防弾少年団が協調的に応じたとみられる。

引用元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2103107

2018年の10月18日にBig HitはBTSと契約更新をしたことを発表しました。

契約期間を1年以上残しての契約更新は、異例のことのようです。

BTSは韓国アイドルでは有名な「7年の壁」を越えてくれました。

これは嬉しいですね!

しかしそんなBTSの契約年数が、7年ではなかったという噂があります。

契約年数が7年じゃないって本当?

BTSの契約年数が7年ではないという話は、本当なのでしょうか?

再契約の期間からみて、防弾少年団とBig Hitエンターテインメントの信頼はとても厚いことがわかる。なんと14年間を共にするという公式発表だ。

引用元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2103107

2018年に契約更新された際には、契約満了日の2020年から7年の2027年までの契約であるとどのメディアも報じていました。

ところが、BTSとBig Hitとの契約は2024年までとされていることがわかりました。

これは株式上場時にBig Hitが開示した資料によるものだそうです。

本来の契約満了年の2020年から7年ではなく、2018年時点でこれまでの7年契約がクリアされ、2018年からの7年という契約が成立したとのことでした。

したがって、2024年末が契約満了日ということになったそうです。

思っていたより3年も短くなるなんで、ショックですけど…

そんなBTSですが、契約更新のときに揉めたという話があるそうです。

契約更新で揉めたって本当?

BTSが契約更新で揉めたという話がありますが、本当なのでしょうか?

12月9日、韓国JTBCの報道番組『ニュースルーム』では、「BTSが所属事務所と収益配分をめぐって対立した。法的対応を検討しており、大手法律事務所に助言を求めた」と報道した。

引用元:https://sportsseoulweb.jp/society_topic/id=8309

2019年12月9日のJTBCの報道によって、BTSが所属事務所であるBig Hitと収益配分で揉め、訴訟を起こそうとしているということが話題になりました。

しかし、その報道の翌日にBig Hitは「事実無根です」というコメントを発表しました。

そのコメントをまとめると下記の通りです。

  • コメントの内容は、BTSとその両親との共通意見である。
  • BTSの両親が、契約内容の一部について法律事務所に法的な内容を確認したものの、正式な依頼にはつながらなかった。
  • Big Hitは以前からBTSやその両親に対して、財務や法律などについて専門機関を積極的に活用するように勧告しているので、BTSやその両親が専門家の意見を聞くのは当然だと思っている。

参考: https://sportsseoulweb.jp/society_topic/id=8309?pageID=2

 

これらのことから、BTSとBig Hitとの信頼係がうかがえますね。

そもそもBTSはその前年の2018年に事務所との契約更新を行っており、このタイミングで法的措置をとるメリットもないと思います。

話は変わりますが、BTSといえば、多くの企業とコラボ契約を結んでいることは皆さんご存知ですよね?

次はその中でも、BTSとVTの契約終了が終了したということについて見ていきます。

BTSとVTとの契約終了の原因は何?

BTSはVTと2017年7月に契約を開始し、数多くのコラボ商品を販売していきました。

VTは韓国の化粧品会社で、品質にも定評があった会社ですが、BTSとのコラボ効果もかなりあったと思われます。

それでも契約を終了しなければならなかったのは、年間の契約料の高騰が原因でした。

VTとBTSのコラボ契約終了や契約期間については下記の記事でまとめていますのでご覧になってください。

>> VTとBTSのコラボ契約終了はなぜ?契約期間はいつまで?

まとめ

これまでBTSと所属事務所のBig Hitとの契約についてと、企業とのコラボ契約について見てきました。

2013年にデビューしたBTSの最初の契約更新は2020年の予定でしたが、予定より1年以上も前に契約更新を行いました。

契約更新にファンが湧いたのも束の間、そのことによってBTSの次の契約期間は2018年からの7年となり、2024年までであることが分かりました。

また、契約更新後の2019年には一部メディアが「BTSが収益配分を巡ってBigHitに対して法的措置をとろうとしている」と報じましたが、その翌日にBigHitが「事実無根」とコメントを発表し、報道の内容は否定されました。

BTSは長い下積み時代を経て、世界的スターになりました。

たくさんの悩みと葛藤の中、メンバーを大切にし、ファンを大切にし、BTSは契約を更新してくれました。

次回契約更新時期の2024年以降、BTSがどのように活動していくのかははっきりしていません。

兵役問題もあるし、これからどうなるのか心配になっちゃいますよね…

でも、今この瞬間もBTSは紛れもなく輝いています!

その活躍をしっかりと目に焼き付けて、これからも応援して見守ることが自分にできることだと思っています!