岩本照は子役時代の若い頃ピーターパン・ジョン役で出演?生い立ちについても




Snow Manのリーダーで、筋肉担当といえば、岩本照くんですね。

そんな岩本照くんが、実はジャニーズ事務所に入所する前に、子役として活動していたことがあると言われているようです。

Snow Manとしては、下積みが長かったことが有名かもしれませんが、ジャニーズになる前の、生い立ちなども気になるところ。

そこで今回は、「岩本照は子役時代の若い頃ピーターパン・ジョンに出演?生い立ちについても」をテーマに調べていきたいと思います。

snowman

岩本照は子役時代の若い頃ピーターパンに出演?役名はジョン?

では、まず照くんが子役として本当に活動していたのかを調べていきましょう。

ピーターパンの舞台でジョン役を演じていたという話もありますが、本当なのでしょうか?

早速、みてみましょう!

岩本照がピーターパンに出演?

調べてみたところ、確かに子役として舞台「ピーターパン」に出演し、ジョン役をしていたことが分かりました。

あどけない感じはありますが、笑顔は現在の照くんの面影もあり、可愛らしいですよね。

照くんがジャニーズ事務所に入所したのは、2006年10月1日、年齢で言うと13歳の時になります。

なので、ジャニーズ入所前の、小学生時代に子役としてデビューしていたということですね!

現在は、「岩本照」で活動していますが、子役時代は「岩本ひかる」として活動していたようです。

ファン以外の人は、漢字表記だと初見で「ひかる」とは読めない可能性もあるので、分かりやすいようにひらがな表記になったのではないかと予想されています。

岩本照の生い立ちについて!

続いて、岩本照くんの生い立ちを調べてみましょう!

小学生時代は子役として活動し、2006年にジャニーズ事務所へ入所。

エリートが来たと当時ジャニーズJr.の.間でも注目される存在だった照くん。

芸能活動歴も長いと思いますが、どのような生い立ちだったのか、まとめてみたいと思います。

ジャニーズ事務所入所まで

今回は、あくまでも照くんの芸能活動に関係している流れをまとめていきたいと思います。

6歳 ダンスを始める。
小学3年生(8~9歳) 大人と同じクラスでダンスを踊るようになる。
小学生時代(予想年齢12歳頃) 舞台「ピーターパン」・ジョン役として出演経歴あり。
13歳 ジャニーズ事務所へ入所。

簡単にまとめるとこのような感じですね。

照くんは、マイケルジャクソンに憧れて、ダンスを仕事にしたいと思うようになったと話しており、ダンスを仕事にするなら、ジャニーズ事務所だと考え、自分で履歴書を送っていたようです。

入所日翌日には、KAT-TUNのコンサートのバックに付いており、本当に順風満帆なスタートですね!

6歳からダンスを始めたことや、小学生時代の子役経験が現在の活躍にも繋がっているのだと思います。

ジュニア時代からSnow Manデビューまで

次は、入所してからの活動を簡単にまとめていきます。

2007年3月頃 Jr.BOYSとして活動(Jr.BOYSとは、グループのない無所属のジュニアの総称)センターを務めていた。
2009年1月 Mis Snow Man(ミス・スノーマン)が結成。
2011年11月頃 Mis Snow Man、事実上の解散。
2012年5月 Snow Manが結成される。リーダーになる。
2019年1月 Snow Manメンバー増員が発表。(向井康二くん・目黒蓮くん・ラウールくん加入)
2020年1月 Snow ManとしてCDデビュー。

では、細かく見ていきましょう!

Jr.BOYS時代

2007年頃から、無所属ではありますが、Jr.BOYSとして活動をしていた照くん。

Jr.BOYSは無所属ジュニアの総称なので、メンバーは流動的でしたが、現Snow Manメンバーの佐久間大介くん・渡辺翔太くん・阿部亮平くん・宮舘涼太くん・深澤辰哉くんもこの頃から一緒に活動をしています。

現SixTONESの京本大我くんも一緒に活動していたり、これだからジャニーズって面白いですよね!

無所属ジュニアとして頑張ってきた人たちが、今では大人気グループになっているなんて、推しの歴史が感じられるのもジャニーズ事務所の魅力です。

Mis Snow Man時代~Mis Snow Man解散

Mis Snow Manとは、岩本照くん・深澤辰哉くん・佐久間大介くん・渡辺翔太くん・宮舘涼太くん・阿部亮平くん・真田佑馬くん・野澤祐樹くんの8名で結成されたグループです。

しかし、真田佑馬くん・野澤祐樹くんが2011年頃から「noon boyz」として活動するようになり、Mis Snow Manは事実上の解散となります。

Snow Man結成

2012年5月、滝沢くんが主演をつとめている舞台「滝沢歌舞伎2012」のステージ上で、正式に「Snow Man」として6人で活動していくことが発表されます。

照くんは、Snow Manのリーダーをつとめることになります。

アクロバットやダンスに強いグループとして、先輩のバックでも活躍していましたし、グループ単独でアリーナ公演を行うなど、固定のファンも多かったSnow Man。

ですが、後輩にもデビューを先越され、7年もの下積み時代を過ごしています。

Snow Manメンバー増員(6人から9人へ)

2019年1月、メンバー増員が正式に発表されます。

これには、ファンも大混乱・・・。

6人でデビューしてほしかったなど批判的な声も多かったように思います。

この件は、別記事でも触れていますので、気になる方はこちらも合わせて読んでいただけると分かりやすいと思います。

なので、今回の記事では一部省略させていただきます。

>> 加入話し合い(6人から9人)あった?ファンの反応は?

「Snow Manを守るため」これが、6人がメンバー増員を決めた理由になっており、現在の大活躍ぶりをみると、Snow Manを守ってくれてありがとうと思いますよね。

そして、2020年1月、念願のCDデビューを果たします!

こうやってみていくと、Snow Manの歴史は本当に長い。

Snow Manの土台を作ってくれた6人と、デビューまで引っ張り上げてくれた3人、9人の絆でデビュー出来たのだと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「岩本照は子役時代の若い頃ピーターパン・ジョン役で出演?生い立ちについても」をテーマにまとめてみました。

岩本照くんは、小学生時代「岩本ひかる」として子役デビューしていたことが分かりましたね。

ジャニーズ事務所に入所したころは、エリートと呼ばれダンスでも活躍していた照くんでしたが、デビューまでの道のりは、決して楽ではなかったと思います。

小さなころからの積み重ねが、現在の活躍につながっているのだなと改めて感じることも出来ました!

これからも、Snow Man、そして岩本照くんを応援していきたいなと思います。