BTSファン離れが2022年に増えた?人気になりすぎたから冷めた?

BTS




BTSは世界中で人気のアーティストですよね。

様々なチャートで1位を取ったり、世界的な賞を受賞したりと人気ぶりが伺えます。

しかし一方では2022年になり、ファン離れが加速しているとの声もあります。

一気に人気が高まったことで逆に冷めてしまったという意見があるようなのです。

これは本当なのでしょうか。

そこで今回は、BTSのファン離れが2022年に増えたのか、またその理由は何なのかについて調べてみたいと思います。

bts

BTSのファン離れが増えた?2022年になって加速って本当?

では早速BTSのファン離れが増えたのか調べてみましょう。

2022年になってファン離れが加速しているとの噂がありますが本当なのでしょうか?

BTSのファン離れが増えた?

実際SNSを見てみるとBTSのペン卒をするという投稿や周りでペン卒する人が増えたという投稿を見かけます。

ペン卒とはファンを卒業するということです。

 

このようにペン卒をしたり、周りでペン卒が増えていることを実感する投稿が多数ありました。

日本でも大人気ですし、ファン離れが進んでいるのは信じ難い事ですが事実の様です。

では2022年になってファン離れが加速したというのは本当なのでしょうか。

続いてはこちらについて調べてみましょう。

2022年にBTSのファン離れが加速した?

2022年にBTSのファン離れが加速したのは本当なのでしょうか。

SNSにも様々な意見が投稿されています。

 

 

調べてみるとどうやらコロナ禍を境にファン離れしてしまう人が増えてきた様です。

2022年に急加速したというよりは、コロナ禍の2〜3年のうちにどんどん増えてきたと言えますね。

1BTSファンとしてはコロナ禍もBTSの楽曲に支えられてきたので、ファン離れが進んでしまうのはとても残念です。

ではなぜコロナ禍を境にファン離れが加速していたのでしょうか。

コロナ禍の時期にはdynamiteを始めヒット曲が多数リリースされています。

これにより新たなファンを獲得した反面、冷めてしまったというファンも多いようなのです。

続いてはBTSのファン離れの原因について詳しく見ていきましょう。

 

BTSファン離れの原因は人気になりすぎて冷めたから?

BTSのファン離れはコロナ禍を境に増えていることが前項でわかりました。

原因としてよく見かけるものを挙げてみます。

  • 人気になりすぎて冷めてしまった
  • dynamite以降方向性が変わってしまった

ではこの2つについてどういう事なのか詳しく見てみましょう。

BTSが人気になりすぎて冷めてしまった

以前から人気があったBTSですが、英語曲であるdynamiteを発売してからまた急激に人気が高まっていきました。

英語曲を発表したことで欧米での関心が高まったためと思われます。

実際日本でもdynamiteをきっかけにBTSを好きになったという人も多いですよね。

昔から応援しているファンにとって、dynamite以降の急激な人気の高まりは戸惑いがあったようです。

今までとは路線がガラリと変わった曲ですし、活動もアメリカが中心になってきました。

本国のファンを蔑ろにしているのでは?と思ってしまう人も多かったようで、そういった活動の変化が不信感に変わってしまったのかもしれません。

韓国でもこういった活動の変化から離れてしまうファンが多かったようです。

BTSの韓国での人気については別の記事で詳しくまとめていますので気になった方はそちらもチェックしてみてください。

>> BTSは韓国で人気ない?韓国での反応は?

 

 

dynamite以降BTSの方向性が変わった

dynamite以降BTSの方向性が変わってしまった、BTSらしくないという声も多数あります。

BTSはほとんどの楽曲を自分たちで制作しています。

しかしdynamiteは自分たちで作った曲ではなく、続くbutterもBTSが制作に関わったパートはわずかです。

そういった背景もあり特に昔からBTSのファンだった人たちにとってはBTSらしさがなく、大衆に評判のいい曲という印象が強かったようです。

BTSはメッセージ性の強い曲が多かったですから、こういった路線の変化に戸惑うファンが多かったのも無理はないかもしれません。

 

 

ここまでBTSのファン離れが増えた原因をまとめてきました。

dynamite以降一気に人気が加熱したことによる活動の変化や楽曲の方向性の変化が原因であることがわかりました。

個人的には長くグループを続けていく以上方向性の変化があるのは不思議ではないと思います。

それに伴って新たにファンになる人がいるのも離れてしまうファンがいるのも自然な事ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回はBTSのファン離れが2022年に増えたのか、またその原因について調べてきました。

ファン離れはコロナ禍を境に増えているようで、2022年に一気に加速したというよりは2〜3年の間に増えてきたと言えます。

原因についてはコロナ禍に発売されたdynamiteのヒットにより活動内容や楽曲の方向性が変わった事がありました。

一気に人気が高まり新しいファンが増えた反面、昔から応援していたファンはBTSらしくなくなってしまったと感じる事が増え離れてしまう人が多かったようです。

グループを長く続けていく以上方向性が変わっていくことは避けられません。

それに伴ってファン層が変化していくのも無理はありません。

これからBTSがどのように進んでいくかわかりませんが1ファンとして見守っていきたいと思います。