ストーンズ(SixTONES)と スノーマン(Snow Man)の格差は本当にある?最新ではどっちのグループが人気?




ストーンズ(SixTONES)とスノーマン(Snow Man)の2つのグループは、デビューからもうすぐ2年が経過します。

どちらも人気グループではありますが、そんな中で2つのグループに格差が生じていると噂されているようです。

今回は、最新ではどっちのグループが人気なのかを調べていきたいと思います。

関連記事

2020年1月に、ジャニーズ事務所では異例の「同時デビュー」を果たしたSnow ManとSixTONES。 ファンからは「スノスト」の愛称で呼ばれています。 デビュー後も、どんどんファンを増やし2組とも大人気グループとなっていま[…]

sixtones

snowman

ストーンズ(SixTONES)とスノーマン(Snow Man)の格差は本当にある?

ストーンズ(SixTONES)もスノーマン(Snow Man)も、2020年1月22日に同時CDデビューを果たしていますよね。

同じジャニーズ事務所所属で、同日にCDデビューしているため何かと比較されがちな2組ですが、格差の根拠となりそうな要因を調べてみたいと思います。

ストーンズ(SixTONES)とスノーマン(Snow Man)の格差って何?

2グループに格差があると噂されているようですが、どういったところでそのような噂が出ているのか、早速みていきましょう。

項目別でまとめてみました。

YouTube 登録者数(2021年12月30日時点)
SixTONES 140万人
Snow Man 145万人

約5万人の差がありました。

最近の動画で、1番再生回数が多かった動画をそれぞれ載せておきます。

SixTONES 再生回数:594万回(2021年12月下旬時点)

Snow Man 再生回数:1313万回(2021年12月下旬時点)
やはり登録者が多いスノーマン(Snow Man)のほうが、再生回数も多いです。
5万人の差は、やはり大きいということでしょう。
ファンクラブ会員数(2021年12月下旬時点)
SixTONES 45万人
Snow Man 58万1千人

ジャニーズのファンクラブ会員の中には、1人で何名義も持っている「複数名義」派のファンも数多くいます。

ファンクラブに入っていたとしてもライブに落選することは、「普通にあり得ること」なのです。

少しでも当選確率をあげるためにも、複数名義を所有するファンが多いということになります。

なので、ファンクラブ会員数が多いからと言って、比較するのは少し難しいかもしれませんね。

シングル数(販売決定含む)(単位:万)
SixTONES 5枚(132.8、62.2、44.6、43.1、49.6)
Snow Man 5枚(132.8、91.8、80.2、80.6、73.4)

上記の指標だけを比較すると、CDの販売数でスノーマン(Snow Man)は、ストーンズ(SixTONES)を大きく上回っているように感じますね。

アルバム数
SixTONES 1枚(46.7万枚)
Snow Man 1枚(84.1万枚)

2022年1月にはストーンズ(SixTONES)2枚目のアルバム発売が決定していますし、ツアー数に関しても、ストーンズ(SixTONES)のほうが多いのです。

全体的にスノーマン(Snow Man)のほうが、数字は上回っているように感じましたが、これだけでは2グループの「格差」に関する噂が本当なのか、判断できませんよね。

最新ではストーンズ(SixTONES)とスノーマン(Snow Man)どっちのグループが人気?

次に、ストーンズ(SixTONES)とスノーマン(Snow Man)は、どちらのほうが人気が高いのかをみていきたいなと思います。

ここからは、一般的に多く言われている声と、いちファンとしての個人的な意見も含まれますので、ご了承願います。

ストーンズ(SixTONES)の魅力

まずは、ストーンズ(SixTONES)の魅力を大きく2つにまとめてみました。

1.音楽に対する熱量の高さ

ストーンズ(SixTONES)は、自分たちが出す楽曲に対しての「こだわり」は、ジャニーズでも上位に入ると思います。

メンバーの松村北斗さんは、「ストーンズ(SixTONES)は、楽曲やサウンド、歌唱法にこだわるグループ。耳の肥えた日本のファンに納得してもらえれば、おのずと世界もみえてくるはず」と言っています。

個人的な意見ですが、ストーンズ(SixTONES)の曲には「ハズレ」と思う曲がないと思っています。

とにかく出してる曲、全部がかっこよくてオシャレ!2022年1月発売の2ndアルバム「CITY」への期待も高まりますよね。

いい意味でジャニーズっぽくないのがストーンズ(SixTONES)の楽曲には多いです。

2.見た目と中身のギャップ

見た目は、ワイルド系で一見クールそうに見える集団ですよね。

しかし、中身は「男子高校生」のようなノリとテンション(笑)

これは、一体何を見せられているのでしょうか・・・(笑)

しかし、そのギャップにやられるファンも多いのはず!私もその一人です!(笑)

スノーマン(Snow Man)の魅力

次は、スノーマン(Snow Man)の魅力を2つにまとめてみました。

1.メンバーそれぞれに強みがある

岩本照(いわもと ひかる) 筋トレスペシャリストの資格をもつ。SASUKEの常連で、2021年も1STステージをクリアしている。
深澤辰哉(ふかざわ たつや) MC力・バラエティー力が高い。バラエティーのイメージが強いが、ドラマ経験も豊富。
渡辺翔太(わたなべ しょうた) 美容男子。美容雑誌「美的」では、史上初の男性ソロ表紙をかざっている。
阿部亮平(あべ りょうへい) 高学歴。気象予報士の資格をもつ。今では、クイズ番組に欠かせない存在となっている。
佐久間大介(さくま だいすけ) アニメオタク。全ジャンルのアニメに詳しく、知識も豊富。自身が声優をつとめた映画も大ヒット。
宮館涼太(みやだて りょうた) 料理男子。朝の情報番組では、料理コーナーにも出演経験あり。
向井康二(むかい こうじ) もはや芸人!?数々のバラエティー番組で活躍中。
目黒連(めぐろ れん) 数々のドラマに出演経験あり。また、スタイルの良さから専属モデルとしても活躍中。
ラウール とにかく華がある!190cm超えのスタイルでモデルとしても大活躍中。

とにかく、メンバーそれぞれに強みがあり、それぞれの道でも活動の幅を広げているのが特徴的ですよね。

2.ダンス力の高さ

スノーマン(Snow Man)といえばやっぱり、ダンス!

ジャニーズの先輩だけでなく、プロダンサーや振付師の方々も注目するダンス力を兼ね備えています。

ファンからは「スノーマン(Snow Man)は職人集団だ」と、言われていることもありますが、ダンスの揃い方や、振りの角度1つとっても計算され尽くされていて、さすがですよね。

結局、どちらが人気なの?

2グループの魅力について、まとめてきましたが、結局のところどちらのグループの方が人気なのでしょうか。

結果についてですが、どちらが人気と断定することは出来ません。

理由は、どちらも魅力は高いですが、グループの色は全く違います。

好みの問題ではありますが、音楽性やトーク力の高さを求めるファンが多いのは、ストーンズ(SixTONES)。

ダンス力の高さや、平和なメンバー関係に癒やしを求めるファンが多いのが、スノーマン(Snow Man)であるような気がします。

しかし、最初にご紹介したように、数字だけでみればスノーマン(Snow Man)のほうが上回っているという結果でした。

ジャニーズグッズを高く買い取ってくれるサービスをご存知ですか?

ジャニーズのファンの中にはグループの箱推しや同一グループ内で複数のメンバーを推している方も少なくないですね。

これはジャニーズだけでなくアイドルファンに共通することですが、諸事情により担降りや推し変することもあると思います。

ただジャニーズファンや特に熱狂的なジャニーズファンであるジャニオタと呼ばれる方にとっては悩ましい問題が・・・これまでに購入したグッズですね。

熱狂的なファンであればあるほど、購入したグッズは多いことでしょう。

思い出として手元において置きたい気持ちはあるものの、新しい推しや新しくチャレンジするための軍資金が必要!

この問題のひとつの解決策としてジャニーズグッズを高額で買い取ってくれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

ジャニヤードというサービスです。


>> ジャニヤードのサービス確認はこちらから!

サービス名からジャニーズを意識しているのがわかりますね。

とはいっても、「フリマアプリで売った方が高く売れるんじゃないの?」と思われるかもしれませんがジャニヤードの方が手軽で費用が掛からずに利用出来るのです。

「担降りしたグッズを送ったらお金になりました。安心できる対応でした。」
との声も多数上がっています。

ジャニーズグッズを高く売りたいとお考えの方は一度サービスの詳細を確認してみてください。
↓↓
>> ジャニヤードのサービス確認はこちらから!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ストーンズ(SixTONES)と スノーマン(Snow Man)の格差は本当にあるのか、また最新ではどっちのグループが人気なのかを調べてみました。

結果についてですが、格差についての噂の真相は出てこなかったですし、ファンとしてみても、格差があると思ったことはありませんでした。

それぞれに違った魅力があって、それにファンはついてきています。

同時デビューで何かと比較されがちですが、彼らも「ライバルがいるって最高だ」というモチベーションにもなっています。

敵同士、仲が悪いということは一切なく、お互いがお互いをリスペクトしあっている関係だと思います。

ストーンズ(SixTONES)もスノーマン(Snow Man)も、知っていくとそれぞれの良さや、メンバー個人の良さについても分かってくると思いますので、この記事をきっかけに、どんどん両グループのことを知ってもらえたら嬉しいです。